seofunctions.innerlink
中赢网,有我中国赢!
军事频道
当前位置: 中赢网 » 军事频道 » 大话兵器

唐刀的渡日

我が国の武芸起源はとても早かった。其の内容と形はr期によって浃铯辍r代によって、その特が`う。同rに、武芸の形成したとk展した^程中、旅武芸と民g武芸の分野も生じ、また技gn脑颏冉】翟颏イい艘来妞泛悉は膜工朊埭盲俊R谎预茄预à小⑽滠郡妊预μ厥猡饰幕韦稀饯伟k展史も同に相当}jだった。しかし、一点が明_である。古代で、冷兵器が檎兄鳏饰恢盲蛘激幛皮いs史の条件下、武芸の社会悉蓼氦饯欷檎肖雀鞣Nの社会n突中におけるo身长抗摔搿¥饯长恰饯文谌荬铣鲫g用の兵器技gを主体にしなければならない。そのk展浠猡胜椁罕鳏涡巫搐伟k展浠认嗷パa完で、密接vBしなければならない。そこで考えれば、どんな形の武扦猡饯徊イ冉涣鳏稀⒈丐罕鳏徊イ冉涣鳏蛞预盲埔惶澶趣工搿  一般の考えでは、周、秦のr代にも、我が国の刀などの兵器制作は既に日本に护à椁欷皮い俊¥饯护à骏氅`トは主に朝r半uであった。日本の古文献と大量の考古Y料より、日本と古代n国のgには所^「海北道中」と言う交通ル`トが存在していたと^明されている。纺昀础⑷毡兢伪本胖荬谴罅郡蜗惹劂~とを作る型がkされた。北九州でkされたのは、たくさん「刃は利で、完全な特色をもっている中国u品」である(3)。そして同の兵器はn国の弁gn、辰nのc尚南北道でもkされている。  何年か前、日本の有名な学者木m泰彦先生がこのように言った「これらの事gから、中国文化u品の~、~Iは二千何百年前の古代に、弁n、辰n、RなどをUて、まず博多湾沿岸に护铯盲评搐啤饯欷橹帷⒇N後方面に护铯盲皮い盲郡仍^明できる。そこで、このル`トが当rの主なもので、ちょうど『』のなかに言われた海北道中と一wだったと推断できる」(4)。他は江向严壬卧によって、日本列uは弥生r代に、その青~文化が二つの文化朔证堡椁欷搿R护膜香~I文化猡σ护膜香~利文化扦搿  所^、~利文化稀⒈本胖莸厍前kされた大量の「~利器」を指して、主に~などの兵器だった。佐Rhの食棺土葬の原始古と怜土郡の支石墓の中には、当rの支配者と一wに埋められた~などの兵器がkされている。それは大体o元前一世oからo元一世oまでのものである。「これら副葬品の中のO少数は当地のものを模造したものだと思われたが、大部分は中国大或は朝r半uからの舶来品である」。~利器が护铯盲郡韧rに、制作技gも同rに护à铯盲皮い盲俊长欷箱型のkから^明された(5)。朝r半uの多くの鏊恰⒅泄惹r代の~がk掘された。これらのことは、中・日・朝三国人民の早期交流中、は既に文化を徊イ雀星椁谓涣鳏蚊浇椁颏工毪猡韦我护膜摔胜盲皮い郡长趣蛟^明している(6)。  h代になってから、中国uの各Nの短兵器、特にuh首大刀がたくさん日本に入って、日本の短兵器の形成と制作に深い影を与えた。h首大刀は西r代に盛んになって、、特にLにBいて、新しい兵器にM展浠筏俊h代のuh首大刀がXくて、u造精良で、殛g用抗趣皮饬激い椤⑷毡兢挝涫郡撕盲蓼欷皮い俊
1962年、日本の奈良天理市\本古の古基から一本の|h中平年g(184~189)の中国uのuh首刀がkされた。その刀身には「百清、上星宿、下避不祥」(百回以上も造されて、上は星宿にじて、下は不吉祥を避ける)という文が刻まれている(7)。この刀の形、u造、膜胃袷郊挨拥钉紊丐1974年我が国山|n山から出土した|h永初六年(112)のuh首刀と大体同じだ。皆何回も加幛筏啤⒍婴分丐亭拼颏郡欷啤⒈砻妞咸炕筏恐谱鞣椒à|な含刀である(8)。  中平刀は副葬品として日本の古基から出土して、その主の在世中の大浃屎盲撙蛟^明しており、またh刀は日本にまで护à椁欷课镌^にもなっている。『日本武器概h』の作者未久雅堆先生のhによると、日本各地から、多くのh刀とその模u品が出土した。彼は、当r日本武士が所用した兵器は「特に朝r半uと大から入ってきた」と考えている(9)。h刀が大量に日本に入って日本の刀uに大きな影を与えた。日本古代兵器史本にえる日本古刀の多くが明らかにh刀の特を持っている。『中国兵器史稀』の作者周S先生が、h刀の模u品は日本の至る所でえて、「いつも十数本を所有する人がいる」とおしゃっている。  古代中国の刀は主に民gのル`トで日本に入ったことが肯定できる。しかし、I国の正式外交で日本に入ったのもあった。もっとも有名な例は、三国r代日本邪R台と曹魏の往来である。『三国志・魏志・倭人弧护恕工瑜盲啤⑷毡拘榜R台国の女王卑弥呼は魏明帝曹容景初二年(238)六月に大夫yN米などを派遣して、中国と友好vSをYんで来た。魏明帝が情岬膜摔长欷椁问拐撙颏猡皮胜筏啤⒄浼膜韦廉bもった。その中には、「五尺刀二口」が含まれていた。それから、I国がお互いに使者を派遣して、よく往来があったが、魏国から日本にお土bをるrは盎乇丐旱钉蓼欷皮い俊  三国r代になっても、中国uの刀は日本人民に珍しくえた。日本の九州熊本h玉名郡菊水町の江田船山古基から、h字文を刻まれている日本大刀をkした。日本の学者によると、これは五世o中期のz物で、だいたい中国の南北朝r代にあたる(10)。こののkによって、中国刀の日本への影はずっと三国以降にAいたと^明されている。日本の考古家小野倌晗壬⒂忻嗜毡菊}院には、今F在も多くの古代中国刀を保存されてあって、「献物」には「唐式大刀」、「唐刀」などの名目が入してあるとおっしゃっている(11)。所^「唐式大刀」は唐代中で盛んに用いられていた刀を指すはずだ。この刀の式は中国ではもうg物をることはできないが、日本の正}院だけには何本か唐代のg物が保存されている(12)。  これらがs史上、中国刀は日本への影がLい期gであったことを^明している。少なくとも、唐代までにも中国刀はAいて日本に护铯盲俊G亍hr代にも多くの中国人が朝r半uをU由して日本へ移民したが、彼らは日本民族の一部分に融合して、日本文化のk展に多く献した。日本古文献『堆略o』、『』などによると、h代の大移民がその手作I技gによって「部民」に分けられた。例えば、手人部、衣p部、鞍部、画部、\部、陶部などだった。これらの「部民」が日本に各Nの手作I技gをもたらして、日本朝廷の重を受けた。金属造工匠は日本に移民したhがないが、弓作り、矢作りなどの兵器u作者がいた。中国の刀造工芸も必ず日本に护铯盲皮い搿N航媳背r代、北方中国槭陇啶蓼扛髅褡逭丐饯挝淞Δ扦イい饲致月Zして人民に残酷な支配をして、たくさんの中国人が海を渡って日本に移民した。これらの移民も同にその技芸で部民に分けられた。  このr期に、唤yの朝r半uル`トが中断されて、日本と中国の往来は主に南朝に向いたから、南朝文化が日本に大きな影を与えた。春秋楣岳础⑽窑文戏健⑻丐以降厍稀饯尉激刀造工芸で天下有名であり、同rに楚もL武芸で中国で有名だが、ずっとh代までも「奇材客」のk源地であった。これらは日本と南朝のvSによってk展して日本に入ったと信じられる(13)。  隋唐二代の遣随使と遣唐使は、中日文化交流の高潮であった。そのr、日本から盎嘏汕菠筏皮壳蔡剖猡违幞螗些`は、各の官Tの他に、各NのT家がいて、そのなかにはいつもt人数の半分に近く「射手」がいて、gHは、使猡巫ol武士であった。または「幡生」と「生」がいた。これらの人がそろったのは、主に船が漂流するr危を防ぐためだが、唐に入ってから必ず自分の攻にvSあることをたくさんって、日本まで持ってる(14)。入唐の日本官Tと留学生のなかに兵法武器にd味を持っている人もいた。例えば有名な遣唐副使「吉湔洹工筇票ū鳏酆谜撙扦盲俊¥郡坤贰⒈摔盎厝毡兢顺证った中国兵器は、Ri漆角弓、平射矢、射甲矢などいろんな弓矢だけであり、刀はなかった(15)。これはこのr日本地元bの刀はもう相当精良になって、唐朝から入ってもらう必要がないという^明であろう。日本人民は外来文化をよく吸Г扦毪长趣虺皮丹欷秀な民族であり、L期的に中国のUYを借りて、自分_のP造力とYび合わせて日本の刀造工芸をw的にMik展させた。そしてやっと後のものが先のものを追い越した。  中国春秋楣r代の青~花y、特に春秋末期にdって、Ihに盛んになった花y刀は、その比べるものがない利さと精@さでは世界で第一だった。考古k掘から得て、深く地下に千百年に埋められても、その刃はまるで新しく、xいて奇で、国内外の人に奇Qと感@された。だがs代の支配者にoされたり、踏みにじられたためにこの先M的な工芸は唐宋以降になるとだんだん衰えていった。これと同rに日本の花y刀は素晴らしくて有名になって、「数百年以来、h|で第一だ」(16)。大体宋代から、日本刀は中国に入し始められて、rのU^にい、入量がだんだん多くなり、中国刀への影もだんだん大きくなった。  『宋史・日本弧护斡dによって、宋太宗So二年(985)、宋に入って求法した日本名僧P然が宋朝の自分への礼遇を螭い毪郡幛恕⒌茏酉惨颏蚺汕菠筏啤瘠蜓预い死搐丹护俊O惨颏樗问窑丐韦廉bの中には、日本uの「刀」があった。gHは、宋代に日本刀はもう民gQ易によって止まることなく中国に入ってきて、中国で「宝刀」と誉められていた。 どうぞ北宋有名な文学家欧修がい俊喝毡镜陡琛护蛘iんでください。 邑夷造透不麦通、世借切玉破海
宝刀近出日本国、皮装N香木蟆
越~得え治海|、黄白向森Q
古金ト撕檬率帧①┓梢灾费住  人が、中国古代徽h中「玉を混おように切る」の昆吾のは、もうなかなかつかりyいと言った(17)。だが一衣水の|Oの日本には本当の宝刀を造られた。人の歌からえるが、日本刀は造精良だけではなく、りがとても上品だから、それが好きな人は大金でIってきて、ぶら提げて利器をFっていた。「百金」は虚Zではない。日本『宇治拾z物Z』によって、「太刀十腰を|として、唐人(末代中国人を指す)から六、七千匹を借りられる」(18)。当rの日本刀がすごく颏沥撙い纫える。そこで、日本刀が中国Q易において主な出商品の一つになった。宋代だけじゃなくて、元代になっても、そうだった(19)。明代になったら、日本刀の制作はOめて精良になって、もっと名高くなって、非常に誉めたたえられた。  文献のdと本日まで保存してあるg物かられば、明代の日本刀は一般的にその身はLく、刃はのように薄くて、すごく利で、振り上げると、非常に振り心地がよくて、_かに固いものを切れる抗盲俊5钉涡韦橛Q察すると、日本刀が代\首大刀のL所を@承し、k展させたのが良く伺える。そのサイズと重さはもっと椁い擞欣始夹gまでk]された。唐宋以来の}jで、刀体が重い中国短兵器と比べれば、日本刀はいずれに外Q上とg用摔筏皮狻⒋_gにはるかに高明だった。明代に日本刀が大量に中国に入ったのは、主に以下の三つのル`トを通じてである。  第一は、日本皇室と商人の明朝廷への献物だった。このような献物にして、明朝から一般的にもっと颏沥氪鹄瘠盲俊¥长欷稀⒈举|的に朝Q易だった。明初、明太祖が倭寇の侵入と胡唯庸が日本のスパイになった故、日本からの献物はすべて断って、そして、海禁政策をg行した。日本古荷齐O国宝』のdによって、日本は中日Q易を回するために、明建文帝三年(1401)使者を派遣して、友好を表わしに来て、それに「献方物」をした。其の中には「十腰、刀一本」を含んでいた。明朝のteにこの「宝刀」をい皮盲俊¥饯韦工搬帷⒂S元年(1403)に、日本の二回目「献方物」のr、刀の数は数本になった。それからの献物には刀がほぼ最も重要なものの一つで、Nもえた。hがある宣九年(1434)を例として、一回だけて、撤金鞘太刀二本、\漆鞘太刀百本、L刀百本、t二百二本がおった。保存してある二部のhによって、景泰十年と成化十九年に献物した数が宣九年と同じで、二百二は定数であると^明した(20)。(20)文献dが不完全のため、日本から朝の名xで中国にった刀がいったいどれぐらいあるかと分からない。ある人からのyによると日本足利王室だけから明朝英宗以前の皇帝への刀は、千二百余りがあった。これらの良な日本兵器は主に明朝廷の「御林」に使われて、、今になっても残された一部分もえる(21)。もちろん、gHの数ははるかに千二百本を超えていると思う。  第二はQ易を利用する。明初、日本商人は「朝」を名\って、私物を携してQ易をした。持参した「私物には刀の方が多かった。これにして、明朝政府が何度も禁して、盎亍溉胴」するr持参する刀が「三千本を超えるべからず」と要求した(22)。永S元年、日本史が兵器を持参して民gで婴筏r、礼部尚钪がそれの禁止を要求して、そして刀を没Г筏俊3酩幛苹实郅摔胜盲棵勺妞钢泄算郡欷搿雇夤摔恕赋浃丹筏ぁ工长趣虮恧铯工郡幛恕⒄槭胸韦琴Iうことを主した(23)。そこで、中日Q易に制限をするために、または倭寇の船とQ易船を区eするために、明成租永S二年(1404)、日本と正式にQ易条sをサインして、これから、日本のすべての商船が中国に入るr、かならず明朝からk行した「勘合」を持参して、朝の名xでQ易を行うようになった。十年g一回献物して、人二百人、船二艘とà筏俊¥长欷悉悉毪I国のQ易需要を鹤悚扦胜盲郡⑻丐巳毡趣恕P初、明がすこし{整して、人が三百人、船が三艘までえたが、やはり十年一回献物とあくまで主した。gHは人と船の制限がしくg行しyいが、勘合Q易の!㈩l度は明の定~より大きかった。日本商船がㄍà昝鞒讼孜铯筏康は上に述べた二百二本だった。このほかには、「国王付品」と使者と船にのっていた僧人或は俗人などの「自M物」、gHは商品だった。明朝が民gに人で兵器淤IをSさなかったから、日本刀は一般的に政府からy一で毪工搿韦趣皮猡瑜啤傅兑槐兢毡兢前税傥募挨忧膜坤⒚鞒迩Bう。当rの利益は四、五倍まで至った」(24)。その後入量が、大分えたが、その|も落ちていて、韦獍菠胜盲郡浃悉昀妞盲俊¥扦工槿毡敬槌植韦筏俊腹醺品」と「自M物」のなかに、ずっと刀を主として、入量もずっと上がっていた。木m泰彦氏から提供されている数によると、第一、二次勘合は持参した刀は三千本あまりしかなかったが、第三次が九千九百六十本に上がって、第四次が三万本、第五次七千本あまり、第六次が三万七千本あまりだった!第七次、八次はそれぞれ七千本で、第十次は二万四千百五十二本だった。これはただ所^「国王付品」の数で、使者の「自M物」を含まれてない。もし「自M物」の数を入れて、十一回勘合船から明朝まで入した刀は二十万本に少なくない(25)。  第三は密である。刀の厚い利益は勘合Q易を刺激しただけでなく、密を刺激するのは自明の理である。明代に中日のgは政府がコントロ`ルした勘合Q易の他に、沿海にはずっと大¥拭茌Q易があった。これはg`いない事gだと思われる。明代には兵器は禁止されていたが、民gで兵器をLしている人が多かった。特に日本刀は、その|の精良で「中国人がたくさんそれをLしてある」(26)。人々の好むi品になったのが、明人のかられば分かる。日本刀が密Q易の商品の一になったのは信じられる。日本永十一年(1634、明z七年)五月以降、兵器出は禁された(27)。だが、密活婴辖袱椁祀yい。明未清初の|で、「t毛鬼子」が日本刀を婴筏皮い俊%蕙妊预μ厥猡书_港盲郡椤⑷毡镜钉蕙韦い郡毪趣长恧且えてから、もちろんマカオから内に入れる(28)。一言で言えば、密nで中国に入った日本刀は~少なくなかったが、我々がその数を{べることはできない。明代に国家兵器政策Cvが日本刀を模造した。これは太祖洪武年gにも始まった。清修『A文献通考』131『兵器』dによって、洪武十三年(1380)「器局」をO置して、造られた各Nの刀には「倭漆刀」があった。明武宗正年g、冀激亓Δ蛭栅盲r、「兵伎局」に命じて、「倭腰刀一万二千本、L柄倭漆刀二千本」をu作してもらった。嘉靖年g、倭寇がよく侵略しにきた。蚀笄酢⑵菥@光等の抗倭名将からeO的な推]によって、日本式のL刀、腰刀が中国の主な装浃我护膜摔胜盲俊¥饯欷椤⒈狈睫x境のにもたらした。このように大量に日本刀を使用させたため、その全部を日本からの入にmれなかったから、自分でu造しなければならない。そこで、兵器家周がこのように言った。中国兵器史上、明代短兵が日本刀を使用したのと模造したのは一代の特になった。このYはs史に照らし合わせるとg`いない(29)。
声明:中赢网登载此文出于传递更多信息之目的,并不意味着赞同其观点或证实其描述,文章内容仅供参考。
seofunctions.copyrightseofunctions.bdjs